現状回復を業者にお願い【プロに相談もできちゃう】

記事一覧

賃貸物件入居にあたり

室内

気を付けること

賃貸物件に入居する際には退去にあたっての原状回復をどこまで行うかが明記されています。一般的に原状回復とは入居時の状態に戻す事を言い、現状回復と言いません。現状回復とは原状回復の言葉が誤って現状回復となってしまったものであり、実際には現状回復の用語は使用されません。原状回復とは通常使用による建物の経年劣化を考えて入居時の状態に戻す事を言いますが、例えば冷蔵庫を設置して裏の壁が黒ずんでしまったまたは家具を設置して床がへこんでしまった等は通常使用の範疇とみなされます。通常使用でないとは、たばこをすい部屋の壁が黄ばんでしまった、掃除をおこたりカビが増殖して簡単には落ちない、物を落とす等して壁や床を傷つけたり穴をあけたりした場合などがこれにあたります。いわゆる故意や過失は通常使用の対象外となりますので注意が必要です。今までは賃貸物件の退去時はこの原状回復の定義があいまいでトラブルになる事がありましたが、国土交通省より原状回復のガイドラインが改訂された事により、トラブルは減少してきています。まずはしっかりこのガイドラインを理解をしておく事が大切です。また入居時の契約書にこの原状回復の明記があれば、それについてもしっかり把握しておく事がポイントです。契約書に記載があればそれに同意したものとみなされるので注意が必要です。なお、一般的には退去時のクリーニング費用は退去者が負担をするケースが多くあります。