現状回復を業者にお願い【プロに相談もできちゃう】

記事一覧

部屋を出る時の回復工事

リフォーム

修理に必要な費用の相場

アパートやマンションの部屋を借りている場合、退居する時には部屋を現状回復することになります。その費用として入居時に敷金を支払うわけです。現状回復の費用が敷金で賄えない場合には不足分を支払うことになります。最近は敷金を徴収しない物件が増えているので、退居する時に思わぬ現状回復費用を請求されることがあります。それを防ぐためにも事前にどのくらいの費用がかかるのか知っておく必要があります。一般的な平均費用ですが、壁や天井に穴があいている場合の補修費用は1箇所につき3万円です。地震などによってできた場合は現状回復の費用を支払う必要はないのです。故意に穴をあけた場合などに適用されます。フローリングの汚れや壁の汚れなども普通に生活している中で発生したものについては、現状回復をする必要はないのです。故意や不注意による汚れや破損などは、1箇所につき1万円かかります。壁紙の張り替えは平方メートルあたり2千円程度です。ただしフローリングの全面的な貼り替えになると、平方メートルあたり8千円ぐらいです。畳なども自然の劣化によるものは現状回復する必要ありませんが、そうでない場合は一畳あたり6千円程度の費用がかかります。このように自然の劣化ではなく、故意に汚したり傷つけた場合は現状回復費用はかなり負担することになります。また退居する時にトラブルになりやすいので、入居時に壁の傷や釘穴がある場合はデジカメなどで証拠写真を撮影しておくことも必要です。