現状回復を業者にお願い【プロに相談もできちゃう】

記事一覧

入居時の現況確認

男性

経年劣化の状態確認

日本では賃貸契約をする際には入居者が退去するときに現状回復が義務付けられています。入居しに現状を変更する際には家主や仲介業者と打ち合わせを行ったうえで実施する必要があります。特段現状の変更を行わない場合でも入居時の状況は写真に撮っておくことが重要です。入居期間が長くなれば経年劣化が生じますので、使用に起因したことと経年劣化で生じたことを区別できないとトラブルが生じます。従来は退去時に経年劣化の分も現状回復として請求されることが一般的に行われていましたが、最近は経年劣化は家主負担であるということで定着しています。現状回復を行う場合には業者選定について考慮する必要があります。軽微な現状回復であれば家主や仲介業者に任せることも可能ですが、金額がかさむ場合には業者任せにはせず、自ら専門業者の選定をすることが重要です。こうした場合には現状回復工事の見積もりを何社から徴収したうえで比較検討をして業者を選定する必要があります。入退去が重なる時期は専門業者が忙しくなりますので、予め余裕をもって見積もりを徴収する必要がありますし、日程の調整も必要になります。繁忙期には割高になることもありますので、日程の選定は重要となります。専門業者の中にも内装の専門と設備が専門の業者に分かれるケースがあるので、現状回復の工事内容のうち金額の大きい部分が専門の業者を選定することで現状回復の質を保持することが出来ることに繋がります。