現状回復を業者にお願い【プロに相談もできちゃう】

記事一覧

賃貸物件の退出

部屋

基本的な掃除

賃貸物件を借りていて、退去する際には現状回復が義務付けられています。現状回復とは意味がいかようにもとれる為にトラブルに発展してしまう事があります。入居の際に契約書を作成しています。その際に現状回復に関しての項目が掲載されていることが多いのできちんと確認しておくと後々対応しやすくなります。経年劣化は仕方がない部分なので、壁紙や床の経年劣化は元に戻す必要はありません。基本的にはガイドラインに沿って退去の際に立ち合いで現状を確認し修復が必要な部分は借主負担か貸主負担かを判断していきます。判断するのは専門家が担当する事が多いです。多くは貸主や不動産会社により依頼された専門家が退去時に立ち会う事が多いです。賃貸物件のリフォームやクリーニングは格安な業者を利用する事も多いです。特に壁紙などは入居者が変わるとほぼ取り替えますので、あまり高価な壁紙は使わない事が多いです。入居後に自分でインテリアとして壁紙を貼ったりした場合は現状回復する必要があります。最近は簡単に貼ったりはがしたり出来るタイプの壁紙が登場しています。退去の際にはがす事で、元々の壁紙が汚れないで済む事があります。入居の際に支払った敷金は家賃の滞納など特別な事がない限り、基本的に返金されるものです。現状回復の判定で借主負担の部分が発生した場合は、敷金から相殺されることが多いです。退去の際には引っ越しの際に出たごみもきちんと処分します。粗大ごみなどすぐに集配できないタイプのごみは事前に報告しておくとスムーズです。