現状回復を業者にお願い【プロに相談もできちゃう】

記事一覧

男性

入居時の現況確認

賃貸借契約においては入居者が退去時に現状回復を行うことが義務付けられています。最近は経年劣化は現状回復から除かれることが一般的になっています。現状回復は仲介業者任せにはせず、自らが見積もりを比較して選定することが重要です。業者の得意とする工事を確認のうえ見積もりを徴収します。

リフォーム

部屋を出る時の回復工事

アパートやマンションから退居する時は現状回復の工事をすることになります。自然劣化による汚れや痛みは工事する必要ありませんが、故意の場合は自費で修理します。壁や天井の穴は1箇所につき3万円、フローリングの汚れは1箇所につき1万円、畳の張り替えは一畳につき6千円が一般的な相場です。

室内

賃貸物件入居にあたり

現状回復とは不動産の賃貸物件を退去する際に原状回復する言葉が誤って現状回復となったもので、誤った言葉です。原状回復では退去時に入居時と同じ状態に戻す事を言いますが、建物の経年劣化は含まない事になります。また通常使用による劣化も原状回復には含まれない点を十分注意して理解しておく事が大切です

作業員

高品質な素材を使用します

賃貸物件やオフィス、事務所などでは、部屋の内装や設備が古くなってくるので、現状回復工事を依頼したい人が増加しています。優良な専門業者は迅速で丁寧な応対ですし、見積もり後は追加料金も発生しないので、安心して依頼できます。

部屋

賃貸物件の退出

賃貸物件から退去する時に、立ち合いで現状回復のための修復負担を判定する専門家が立ち会う事が多いです。公平な立場でガイドラインに沿って判定していきます。インテリアなどレイアウトを大きく変えて住んでいた場合は元に戻さなくてはいけません。

入居率を高める業者選び

工具類

女性が安心する水回りに

賃貸経営をしていると必ず必要になるのが現状回復工事。賃借人が退去した後には、次の賃借人にスムーズに貸せるように広範囲の現状回復工事を行います。この工事を疎かにしては、入居率を高く維持できません。賃貸経営をされている方は、心より信頼できる現状回復業者に出会うことが重要です。現状回復工事で細心の注意を払うべきが、水回りのクリーニングです。特に衛生面に敏感な女性をターゲットにした物件であれば、入念なクリーニングが必要不可欠。お風呂のカビを除去しなければならない上に、臭いの対策も必須です。また、キッチン周りの汚れや劣化箇所の修復もしなければ、新たな入居者を確保できないでしょう。水回りを重点的にクリーニングする業者を選ぶことで、衛生面を理由に入居率が低下する心配がありません。さらに重視したいのがフローリングの傷です。常に目に入ってしまうフローリングの傷は、入居者が嫌う項目です。軽微な補修はもちろん、全面的なフローリングの張替えも検討するようにしましょう。現状回復業者の中には、リフォームに対応するところもあります。近年ではヘリンボーンなどのデザイン貼りに対応する業者もあり、物件の魅力を高めることが可能です。どのような補修が必要なのか、付加価値を付けるにはどうすればいいのかを的確に提案する業者を選びましょう。もう1つ付け加えたいのが対応の早さ。業者には、現状回復だけではなく入居中の水漏れトラブルなどにも対応してもらいます。常に素早い対応をする業者を選ぶことで、より良いサービスを入居者に提供できます。